MENU

    国交省/技能者レベル判定,CCUSにシステム統合へ/利用者の負担増解消

     国土交通省は建設キャリアアップシステム(CCUS)登録技能者のレベル判定手続きの運用方法を見直す。CCUSとは別で運用している「レベル判定システム」による判定受け付けを6月16日に停止し,当面は各能力評価実施機関による判定受け付けに変更。将来的にはCCUSとレベル判定の手続きのワンストップ化を目指す。二つのシステムで申請手続きが生じることによる利用者の負担増を解消する狙いがある。
     レベル判定システムは2020年4月1日に稼働。国交省が開発した同システムを共同で運営し維持管理などを行うため,35職種・50団体の能力評価実施機関と建設産業専門団体連合会(建専連)で構成する「建設技能者能力評価制度推進協議会」(会長・才賀清二郎建専連会長)も同日に発足した。
     ただCCUSとは別のシステムで運用しているため,技能者登録後にレベル判定を別途申請しなければならず,利用者の二重負担が課題になっていた。そもそもシステムが分割されていることも,利用者の認知が進まず申請件数が伸び悩む要因となった。
     ワンストップ化ではCCUSの登録・変更申請の過程でレベルアップを申請可能にする。技能者登録するといったん発行されるレベル1のカード(ホワイト)を経ずにレベル2~4のカードが発行できるようになる。申請から料金支払い,カード発行までの手続きの具体的な内容は今後検討する。レベル判定費用もシステム運用コストや利用者目線などを踏まえ検証する。
     ワンストップ化までのスケジュールは未定。現システムの運用停止後,ワンストップ化の検討・準備期間は,暫定的に能力評価実施機関で判定の受け付けを行う方向で検討している。各機関の意向なども踏まえつつ可能な範囲で順次受け付けを開始する予定。各機関の準備が整った段階で受け付け方法などを公表する。

    建設工業新聞 2021年5月21日